IT経営

IT経営とは何か?

IT活用による経営改革(経営課題の解決)です。

企業の経営課題とは

企業が本来あるべき姿(Tobe)と現状の姿(Asis)とのギャップが経営課題です。

つまり、企業の本来あるべき姿(理想経営もしくは経営目標)を達成・到達するために、越えなければならない壁(解決しなければならない課題)が経営課題です。

経営課題は、企業によりその課題内容は様々です。

私たちは、お客様ごとに経営課題に即したITソリューション(ITを活用した解決策)を提供しております。

それ故に、私たちはお客様の経営課題を充分に理解することが大変重要となります。
充分な理解無しには、経営課題の解決策をご提案することはできません。

ITは、導入することが目的ではありません。当たり前ですがITは活用され、成果を出すことで、導入目的が達成されます。
つまり、IT導入には達成される目的が明確であり、その目的をIT活用する関係者(ステイクホルダー)が共有理解することがさらに重要です。

IT活用による経営課題の解決。それがIT経営です

  • 企業の実績(現状)と経営目標(あるべき姿)にはギャップがあります。
  • このギャップが目標実現のために解決すべき“経営課題”です。
  • “経営課題”の解決を、経営改革とIT活用で実現する経営が“IT経営”です。

IT経営図